登録ドクター体験談

子育てと親の介護、そして医師としてのキャリア。それぞれを両立できる転職先探しを民間医局さんがサポートしてくれたおかげで、しっかり考えて決断することが出来ました。

-Y・Y氏(内科医、転職先の紹介)

Y・Y氏は、30代前半の内科医。現在は、地方のクリニックに常勤医として勤務されています。ご自身の出産、ご両親の介護が重なり、転職を決意されたY・Y氏は、民間医局を利用しながら自身の医師としての夢を追いつつ、育児と介護を両立できるご勤務先を見つけられました。

家族との時間を大切にしたいと考えた時に、地元に戻りたいと思い、エージェントに相談。転職に関する情報がない中で民間医局さんのサポートは非常に心強かったです。

-T・S氏(内科医、転職先の紹介)

40代後半の消化器内科医。現在、ご出身地域で開業医を目指しながらご勤務されています。出身大学の医局でキャリアを積んでこられましたが、Uターンを決意。大学から県外に出ており県内の事情が分からなかった為、民間医局に相談いただきました。

給与を含めた勤務条件のすりあわせを、エージェントさんが代行してくれるのもありがたいです。

-S・H氏(麻酔医、転職先のご紹介)

S・H氏は大学医局に10数年勤務していましたが、医局都合ではない新たな可能性を求めて転職を決意。民間医局に登録してすぐにS・H氏の希望条件に沿う病院が見つかり、十分な期間を取ってスムーズに医局を退局した後、現在は転職先の病院での勤務を開始されています。S・H氏は、民間医局の専任エージェントが病院側との交渉を代行してくれる点を高く評価されています。

民間医局を利用すれば、自分の目指す医師としてのキャリアが実現するだろうと考えました。

-A・O氏(内科医、転職先の紹介)

A・O氏は、「総合診療医」を目指し、大学医局では呼吸器系や循環器系を経験。 退局後に入職した地方病院では消化器系の経験が十分積めないため、民間医局を通じて、消化器病学会、消化器内視鏡学科の認定施設への転職に成功。民間医局を利用すれば、大学医局の壁を超えたところで、医師のキャリアアップ、スキルアップが可能になる点を評価されています。

民間医局のエージェントは、私と一緒に悩み、考え、自分と同じ立場で病院選びをしてくれました。

-F・M氏(外科医、転職先の紹介)

F・M氏は、現在30代後半の外科医です。外科手術の職人としてのスキルをさらに高めることのできる機会や環境を求めて、大学医局から総合病院に転じ、オペ漬けのエキサイティングな毎日を送られています。

宮崎から千葉への転職も民間医局のおかげでスムーズにできました。

-N・K氏(精神科医、転職先の紹介)

N・K氏は、一流の精神科医としての評価が高い先生。長年働いた宮崎の地から実家のある千葉の病院に民間医局を通じて円滑に移ることに成功。まもなく系列病院の院長職に就かれる予定です。

眼科医から内科医への転科というキャリアチェンジに際して、民間医局さんが私の個性に合った病院を紹介してくれました。

-K・M氏(元眼科医、現内科医、転職先の紹介)

K・M氏は、ホスピス医を目指して、キャリアを積んできた眼科医から内科医へと大きく専門を切り替えました。新たなチャレンジにワクワクする毎日を過ごされています。

子育てをする環境として、そして医師のキャリアプランとして、民間医局に様々な選択肢を提示してもらい、東京から地方の病院に転職することに決めました。

-G・F氏(内科医、転職先の紹介)

G・F氏は、30代前半の内科医。現在は、地方の病院に常勤医として勤務されています。東京の病院で非常勤として働いていたG・F氏が、民間医局を利用して地方の病院に転職された背景には、いくつかの理由がありました。