ドクターズマガジン

DOCTOR‘S MAGAZINEは、ドクターの素顔や人生観の紹介、病院や医局の情報、その他医療に関連する様々な情報の提供を通して、ドクターの将来および日本の医療の将来のあり方について読者とともに考えるヒューマンドキュメント情報誌です。
1冊500円です。定期購読は、年間5,500円です。民間医局会員の方には、毎月無料でお届けいたします。

※お届けは日本国内に限らせていただきます。予めご了承下さい。
今月の読みどころ
■ドクターの肖像
井上 晴洋
(昭和大学江東豊洲病院 消化器センター センター長・教授)

昭和大学江東豊洲病院の10階会議室からの眺めは、豊洲運河を挟み都会的なビル群が迫る景色。
外科医ながら内視鏡の技術を極め、食道の手術を内視鏡で切り開いた井上先生は、背が高く目力が強い方。
気さくにお話される中で出る笑顔は少年のようでした。

井上先生は100年前の医療と100年先の医療を見据えた視点で、内科と外科の壁も壊そうとしています。
臓器別のグループになるのは仕方がないものの、「飲み会だけは内科と外科と必ず一緒に行け」と言っているそうです。
そんな新しい医療の改革を進める井上晴洋先生の「ドクターの肖像」です。


■Doctor's Opinion
コールメディカルクリニック福岡 理事長 岩野 歩
岩野先生はもともと救急医でしたが、現在は福岡県で在宅医療を行っています。
救急医は在宅医療に向いている、と言い切る岩野先生にその理由を執筆いただきました。テーマは「救急医が在宅医療を行う意義」。

■「こちらMDアンダーソンがんセンター” 米国留学奮闘記」
MD Anderson Cancer Centeには、世界各国から研究者が集まり、自分とそのネットワークをつなげることも留学の大きな醍醐味だといえます。

■Dr.井村のクリニカルパールズ
Dr.井村は賞味期限が近いお菓子が放置されていることが、大いに気になるようです・・・
ドクターの肖像
昭和大学江東豊洲病院 消化器センター センター長・教授 井上 晴洋

内科と外科の垣根を壊し統合
食道治療の100年の歴史に名を刻む
グローバル・フロントランナー
Doctor's Opinion
コールメディカルクリニック福岡 理事長 岩野 歩
Dr.井村のクリニカルパールズ
顎から膿が出る原因は?
臨床研修指定病院紹介
社会医療法人 製鉄記念広畑病院
市立宇和島病院
医局紹介
山形大学医学部 内科学第二講座
東京医科大学 麻酔科学分野
医療過誤判例集
転送義務違反と因果関係


2017年9月号

民間医局会員になればドクターズマガジンが無料購読!!

ドクターズマガジンは、1冊500円です。定期購読は年間5,500円です。
民間医局会員の方には、毎月無料で配送いたします。

定期購読のお申込み

無料サンプル申し込み