ドクターズマガジン バックナンバー 一覧・購入

2017年

  • ドクターズマガジン 10月号

    今月の読みどころ
    国立病院機構 さいがた医療センター 院長 下村 登規夫
    さいがた医療センターは、新潟県上越市にある精神科と神経内科の病院。
    13年前に赴任して以来、「難病はすべて診ます」と宣言しこの先生でしか見抜けない病気を見つけています。

    パーキンソン患者との最期のやり取りの場面には、下村先生ならではの信頼感があふれています。
    「医師は『そこにいてほしい』と言われればいい」これが内科医の本懐なのかもしれません。
    ご本人は幼稚園と小学校の不登校ながら鳥取大学を首席で卒業、とぼけたユーモアと真面目な一面が交差する、ユニークな先生でした。


    ・ドクターの肖像
    国立病院機構 さいがた医療センター 院長 下村 登規夫
    ・Doctor's Opinion
    ネナイトドジるよ、アブナイよ
    ・Precursor(先駆者)
    いおうじ応急クリニック 院長 良雪雅(りょうせつまさし)
    ・クリニカルパールズ
    尿が出なくなった原因は?

    詳細

  • ドクターズマガジン 9月号

    今月の読みどころ
    昭和大学江東豊洲病院 消化器センター センター長・教授 井上 晴洋
    昭和大学江東豊洲病院の10階会議室からの眺めは、豊洲運河を挟み都会的なビル群が迫る景色。
    外科医ながら内視鏡の技術を極め、食道の手術を内視鏡で切り開いた井上先生は、背が高く目力が強い方。
    気さくにお話される中で出る笑顔は少年のようでした。

    井上先生は100年前の医療と100年先の医療を見据えた視点で、内科と外科の壁も壊そうとしています。
    臓器別のグループになるのは仕方がないものの、「飲み会だけは内科と外科と必ず一緒に行け」と言っているそうです。
    そんな新しい医療の改革を進める井上晴洋先生の「ドクターの肖像」です。
    ・ドクターの肖像
    昭和大学江東豊洲病院 消化器センター センター長・教授 井上 晴洋
    ・Doctor's Opinion
    コールメディカルクリニック福岡 理事長 岩野 歩
    ・クリニカルパールズ
    顎から膿が出る原因は?

    詳細

  • ドクターズマガジン 8月号

    今月の読みどころ
    社会医療法人近森会理事長 近森正幸
    日本には「○○家が設立した有力病院」がいくつか存在しますが、今回は満を持して近森病院の近森正幸理事長がドクターの肖像に登場です。
    「高知に近森あり」高知市だけにしかない地域に根付く近森病院はこれまでこの病院発の医療サービスを確立し、リハビリやNST(栄養サポート)など、保険点数が新設されるきっかけを作りました。
    当社のレジナビフェアにも古くから参加。
    時代を先読みした問題解決を続けてきた近森氏、父親が3人で始めた近森外科を2,300人のスタッフを抱える大病院群にした壮大なストーリー、ぜひお読みください。
    ・ドクターの肖像
    社会医療法人近森会理事長 近森正幸
    ・プレカーサ
    ほんま内科胃腸科医院 (元・日本海病院)本間清明
    ・Doctor's Opinion
    兵庫医科大学 脳神経外科主任教授 吉村 紳一

    詳細

  • ドクターズマガジン 7月号

    今月の読みどころ
    山形大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科 教授 欠畑誠治
    低侵襲手術が標準治療になりつつある現在、耳の手術はこれまで耳の後ろから大きく切る手術が主流でした。
    東京大学在学中に医師になることを決意し、東北大学医学部で耳鼻科医になってから紆余曲折の快進撃。
    内視鏡を使って耳科手術を作り直す欠畑先生の「ドクターの肖像」です。
    カッコいいスポーツマンの欠畑先生は、人間味あふれるステキな方でした。

    ・ドクターの肖像
    山形大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科 教授 欠畑誠治
    ・女性医師
    葉山ハートセンター 心臓血管外科部長 宮木靖子
    ・Doctor's Opinion
    聖マリアンナ医科大学 病院長 北川博昭

    詳細

  • ドクターズマガジン 6月号

    今月の読みどころ
    兵庫医科大学 集学的腫瘍外科 特任教授 笹子三津留
    笹子三津留先生は胃がんの名医として、全国的に有名な医師です。
    胃がんの標準的治療のガイドラインを作ったほか、国内外で3000件超の執刀をしてきました。
    ご自身の父親ががんだと告知されずに亡くなったことを契機に、「インフォームドコンセント」の旗振り役にもなりました。
    その背景には「真実を話し合える」ことができなかった苦悩がありました。
    蝶ネクタイの笑顔を紐解く「ドクターの肖像」をぜひお読みください。

    ・ドクターの肖像
    兵庫医科大学 集学的腫瘍外科 特任教授 笹子三津留
    ・プレカーサ
    横浜市立大学 臓器再生医学 准教授 武部貴則
    ・Doctor's Opinion
    大学病院の臨床遺伝子診療

    詳細

  • ドクターズマガジン 5月号

    今月の読みどころ
    総合病院 土浦協同病院 院長 家坂義人
    エベレストに3度も登頂したプロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎氏は不整脈に苦しんでました。
    彼が頼った、カテーテルアブレーション治療の世界的権威。これまでに1万人以上の心臓を救っています。

    ・ドクターの肖像
    総合病院 土浦協同病院 院長 家坂義人
    ・時代を支える女性医師
    名古屋第一赤十字病院
    女性泌尿科部長 加藤久美子
    ・Doctor's Opinion
    2025年問題を見据えた病院の在り方とは

    詳細

  • ドクターズマガジン 4月号

    今月の読みどころ
    順天堂大学の偏差値が急上昇しています。それには常識を乗り越えた施策があってこそでした。
    大学の学是である「仁」を実践し、私大で学費を最安とすると優秀な受験生が増え、経営状態も大きく改善されました。
    さまざまな改革が実を結んだ結果といえます。
    一連の改革を引き継いで2016年4月に学長に就任した新井一氏、ラグビーで鍛えた体は頑強ながら、小児の脳外科という繊細な分野で、医師としての経験を積みました。

    米国で研究、帰国して臨床に戻り、教育へ、そして経営の道に-。
    新井学長の順天堂大学での活躍を「ドクターの肖像」でぜひお読みください。
    ・ドクターの肖像
    順天堂大学 学長 新井 一
    ・Precursor-先駆者
    埼玉県立小児医療センター
    集中治療科長/部長 植田 育也
    ・Doctor's Opinion
    高野病院 院長 中山 祐次郎

    詳細

  • ドクターズマガジン 3月号

    今月の読みどころ
    沖縄の先生が表紙を飾るのは6年半ぶりのことです。
    本永先生は宮古島に生まれ育ち、自治医科大学から沖縄の離島医療へ。
    高齢者が多い沖縄での総合診療に必要なものはリハビリだった―、とご自分で学んだことを宮古島に還元しています。それは宮古島だけではなく、高齢化社会の日本に先駆けた姿でもあります。
    ・ドクターの肖像
    沖縄県立宮古病院 副院長 本永英治
    ・時代を支える女性医師
    日本大学医学部付属板橋病院
    救命救急センター 医局長 山口順子
    ・Doctor's Opinion
    名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部教授 長尾能雅

    詳細

  • ドクターズマガジン 2月号

    今月の読みどころ
    白内障は、80代になると9割の人が患う病気です。
    「日本一早い&日帰りで両目を手術する」という赤星隆幸先生は独自の術法「フェイコ・プレチョップ法」の開発者であり、日々1日60人の患者の手術を行っています。
    「ドクターの肖像」を毎月執筆している郷好文氏は2年前に白内障手術を実際に赤星先生にしてもらった経験から、臨場感ある冒頭部分を「患者目線で」書きました。患者の「見える」に喜ぶ赤星医師の目が開く物語をぜひお読みください。
    ・ドクターの肖像
    三井記念病院 眼科 部長 赤星隆幸
    ・プレカーサ(先駆者)
    東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科 部長 田端実
    ・Doctor's Opinion
    めぐみ在宅クリニック院長 小澤竹俊

    詳細

  • ドクターズマガジン 1月号

    今月の読みどころ
    2016年6月号(200号)に引き続き、3医師の鼎談をお届けします。
    それぞれの医師は「ドクターの肖像」で登場し、年齢も50代前半と「肖像ドクター」の中では若手の方々です。心臓外科、呼吸器外科、脳神経外科と分野は違えど共通する「教授」の立場から、外科医の楽しさや醍醐味を語ってくださいました。
    「ドクターの肖像」に掲載した内容から更にパワーアップされ活躍する先生方に圧倒されました。
    ・特集「外科医の使命と醍醐味」
    東邦大学 医療センター大橋病院 心臓血管外科教授   尾崎重之
    広島大学 腫瘍外科教授     岡田守人
    東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座 主任教授 村山雄一
    ・シリーズ 時代を支える女性医師
    がん研有明病院 消化器内科 部長 藤崎順子
    ・Doctor's Opinion
    交野病院 院長 寳子丸 稔

    詳細

ドクターズマガジンのバックナンバーは、1冊500円です。