登録ドクターの転職・アルバイト探し体験談

手技向上のため医局を離れた外科医の体験談

民間医局のエージェントは、私と一緒に悩み考え、自分と同じ立場で病院選びをしてくれました。

-F・M氏(外科医、転職先の紹介)

現在30代後半の外科医であるF・M氏は関西の医大を卒業後、同大学の外科医局に入局。研修および臨床の現場で6年ほど働いた後に大学院へ進み、卒業して再び大学病院の臨床に戻ったものの、十分なオペ経験を積めないことから転職を決意。スキルをさらに高めることのできる機会や環境を求めて転職した総合病院では、オペ漬けのエキサイティングな日々を送っている。

転職のきっかけを教えてください。

45歳までになんでもこなせるような外科医になりたいと思っていました。しかし、残念ながら私がいた大学医局ではオペをメインでやらせてもらえる機会が少なく、治療方針についても私の考えがあまり通りません。また関連施設にしても地域の基幹病院クラスがない状況で、このままでは外科医としての「手技」の向上が図れないと感じたのがきっかけでした。

転職で民間医局を利用してみて、いかがでしたか。

転職活動は初めての経験で新鮮でした。現在の病院に決めるにあたって3施設に話を伺いましたが、さまざまな病院の状況がわかって面白かったです。面接にはエージェントも同行してくれますし、事前・事後にじっくりエージェントと意見交換できたので、不安を感じることもなく、むしろ希望を持って転職活動ができましたね。

エージェントは時に客観的な立場で、時に私と同じ立ち位置で意見をくれたのでとても助かりました。現在の勤め先の部長先生との面接後は、私とエージェントの意見が一致したんですよ。「部長先生はとても厳しそうですが、しっかりとした方針をお持ちでとても良いですね」と(笑)

現在の職場はいかがでしょうか。

期待していたとおりの職場でした。ソフト・ハードとも充実した総合病院であり、多様な経験を積む機会があります。技量をさらに高めるため多少背伸びしたことにも挑戦できるというわけです。部長先生は予想通り厳しいけれど、尊敬できる方です。日々、手術の連続ですが、スタッフの協力も得ながら、エキサイティングで充実した毎日が送れています。

また、大学医局のころと比較して当直も少なく、勤務時間に多少余裕ができましたので、家族のために時間を割けるようになりました。おかげさまで、ここ数年は毎年休みをいただいて家族旅行に行っています。大学院を修了して病棟に戻ったころは本当に忙しくて。ちょうど下の子が生まれたばかりだったのですが、その子が1歳までのころの記憶がほとんどないほどでした。

将来の夢を聞かせてください。

45歳まではバリバリの外科医としての腕を磨き続けたいと考えています。優れた外科手術を行う「職人」として一人でも多くの患者さんの病気を治療してあげたいですし、次世代の研修医などにも、外科医のすばらしさ、やりがいをしっかり伝えていきたいです。

そもそも、民間医局に登録されたきっかけは何ですか?

インターネットで「医師 転職」と検索し表示された数社に登録したところ、唯一連絡をくれたのが民間医局のエージェントでした。返事も早かったですよ。エージェントさんのやる気を感じました。

民間医局を利用して良かったと思う点を教えてください。

最初にお会いした時から、じっくりと話を聴いてもらえたことが何より良かったです。当初、エージェントは求人紹介をするだけと思っていました。しかし、エージェントとの面談の場では自分の経歴だけでなく、家族のこと、現在の不満や将来の夢や希望などすべてを話すことができました。そして、単に求人を紹介するだけにとどまらず、一緒に悩み、考えてくれるパートナー的立場で病院選びをしてくれたという印象を持っています。またアフターケアというか、現在でもやりとりが続いていることもすばらしいと思っています。

民間医局では、専任エージェントがご希望に合った転職支援、アルバイト先の紹介をいたします。
転職・アルバイト探しをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

体験談一覧へ戻る

民間医局にご登録をされていない方