登録ドクターの転職・アルバイト探し体験談

東京から地方に転職した内科医の体験談

子育てする環境、医師のキャリアプランなどさまざまな選択肢を民間医局に提示してもらい、東京から地方の病院に転職を決めました。

-G・F氏(内科医、転職先の紹介)

30代前半のG・F氏は、卒業後数年は附属病院等で働き、医局を離れた後は非常勤として東京の複数の病院に勤務。子育てやさまざまな理由から、地方の病院に常勤医として転職した。

転職のきっかけを教えてください。

私は医局を辞めてから、ずっとアルバイトとして東京の病院に勤めていました。アルバイトで働いた方が、普通に働くよりも報酬がいいですよね。しかし新しい臨床研修医制度がスタートすると、今後は私のようにフリーで働く医者が増えるのではないかと思いました。競争が激しくなるし、医者の市場価値が下がり、報酬も低くなるかもしれない。フリーという不安定な立場をいつまでも続けるわけにはいかないと考えたのです。

また、プライベートなことですが、まだ小さい子供たちの子育てに自分自身も十分に関わりたかったし、子育てをする環境としては東京よりも地方が良いと考えて、地方の病院に常勤医として転職することに決めました。

そもそも、民間医局に登録されたきっかけは何ですか。

大学院生のころ、アルバイト先を見つけるのにインターネットで探して見つけました。実際利用して信頼できる会社であることがわかり、それ以来お世話になっています。

転職で民間医局を利用してみて、いかがでしたか。

私は元々、組織に属するサラリーマンには向いていないと自覚していました。それで自由に働ける職業というイメージの医者を目指したのです。ところが医療業界に入ってみると、実は固い組織制度があって、自由を束縛されるということがわかりました。

ですから、もし勤務先や勤務形態についてさまざまな選択肢を提示してくれる民間医局のようなところがなかったら、私はとっくに医者を辞めていたと思います。その意味で、私の医師というキャリアにとって民間医局の存在はとても重要だと感じています。

現在の職場はいかがでしょうか。

病院の運営自体には大きな違いはありません。ただ地方は、患者さんが医者を見る目が違いますね。関東で働いていた際に時折感じた、患者さんやその家族とのギスギスした関係がなく、基本的に患者さんが医者を信頼しています。いい意味で一昔前の医者と患者の関係、とでも言いましょうか、「先生にお任せします」という感じなのです。私としても「ベストを尽くそう」と思える。ですから、とても気持ちよく仕事がやれています。

ただ一方で、地方は人と人のつながりが強く、自宅の近所を歩いていると、すれ違う人から「先生」と挨拶されてしまうような場所ですから、純粋なプライベートはありませんね。私はそうした環境を楽しんでいますけど。

将来の夢を聞かせてください。

仕事の面では、将来についてあまり明確なプランを持たないようにしているんですよ。それによって自分自身を縛ってしまうのが好きではないので。だからこそ、民間医局さんにいろいろと将来のことを相談できるのがありがたいです。

とはいえ人生設計としては、やはり子育ての環境も考慮したうえのことですが、近い将来に英語圏への移住を妻と検討しています。異国でも医者としてやっていくためには、新たに医師免許を取得しなければなりませんけどね。また、外国人観光客が多く訪れる地域に、外国人も診療するクリニックを開設するというアイディアも持っています。

民間医局では、専任エージェントがご希望に合った転職支援、アルバイト先の紹介をいたします。
転職・アルバイト探しをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

体験談一覧へ戻る

民間医局にご登録をされていない方