登録ドクターの転職・アルバイト探し体験談

家族のためUターンを決意した内科医の体験談

家族との時間を大切にしたいと考えた時に、地元に戻りたいと思い、エージェントに相談。転職に関する情報がない中で民間医局のサポートは非常に心強かったです。

-T・S氏(内科医、転職先の紹介)

T・S氏は40代後半の消化器内科医。首都圏内の大学を卒業後、大学医局で約20年キャリアを積んできたが、地元に残る家族との時間を優先するためUターンを決意。大学から県外に出ており県内の事情が分からなかったため、民間医局に相談して転職活動を行い、現在は出身地域で開業医を目指しながら勤務している。

転職のきっかけを教えてください。

卒業大学の医局に所属し、妻と息子を地元に残して単身赴任で働いていましたが、そろそろ地元に戻り腰を落ち着けて家族との時間を作っていきたいと思い、転職を考え始めました。

どのような転職活動をされましたか?

転職を考えていた時期に、消化器病学会の専門医試験や肝臓学会専門医の試験など専門医認定試験を控えてバタバタだったのを覚えています。さらに、地元とはいえ地域病院とのコネクションが全くなかったので転職先のアテもなく、「どんな病院があるのか」といった情報収集から始めなければいけませんでした。

そこで以前、アルバイトでお世話になった民間医局のエージェントに聞いてみたところ、私の地元に、地域の情報に詳しいエージェントがいるということだったので、お願いすることにしました。

遠方での転職活動で不安はありましたか。

そうですね。病院について情報が全くないため、どうやって探せばいいのかという不安が最初にありました。その点は、民間医局の担当エージェントが私の希望していた内視鏡のことなど、たくさん情報提供してくれたので助かりました。また、住む場所も検討しながら進めていたので、地域の話をできたことも良かったです。

民間医局を利用してみて、いかがでしたか。

転職活動は見学や面接などやることが多くて大変でしたが、聞きづらい給与や病院の体制のことなどの確認をお願いできたので大変助かりました。

現在の職場はいかがですか。

面談の時に、施設をどのように運営していきたいかを理事長先生から伺ってその展望に共感しました。また、転職前に指導医の資格を取っておけば、病院にとっても良いのかなと思い、なんとか在局中に取得しました。おかげで入職後、病院が認定施設になり理事長先生に感謝されたり、外科が中心だった内視鏡も私が入ってから内科でも積極的に行っていくようになり、自身のキャリアアップにつながったので非常に良い勤務先に転職できたと思います。家からも近く家族との時間をしっかり取れるようになったので、子供と一緒に出かけることが増えました。

民間医局では、専任エージェントがご希望に合った転職支援、アルバイト先の紹介をいたします。
転職・アルバイト探しをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

体験談一覧へ戻る

民間医局にご登録をされていない方