ドクターズマガジン

ドクターズマガジン2017年8月号

今月の読みどころ

■ドクターの肖像

近森正幸
(社会医療法人近森会理事長)

日本には「○○家が設立した有力病院」がいくつか存在しますが、今回は満を持して近森病院の近森正幸理事長がドクターの肖像に登場です。
「高知に近森あり」高知市だけにしかない地域に根付く近森病院はこれまでこの病院発の医療サービスを確立し、リハビリやNST(栄養サポート) など、保険点数が新設されるきっかけを作りました。
当社のレジナビフェアにも古くから参加。
時代を先読みした問題解決を続けてきた近森氏、父親が3人で始めた近森外科を2,300人のスタッフを 抱える大病院群にした壮大なストーリー、ぜひお読みください。

■プレカーサ

ほんま内科胃腸科医院 (元・日本海病院)本間清明
本間清明先生は、内視鏡治療の手法ESDの名手であることはもちろん、ESD関連の器具を多く作り、日本のESDを世界に広めています。

2017年3月まで、山形県立日本海病院でESDの腕をふるっていた本間先生は4月から父親が経営するクリニックで技術開発と治療を行っています。
中国や韓国から招へいされ、ESDの手技を指導することも多い本間先生。
穏やかな語り口でやさしさに満ちた先生でした。

■Doctor's Opinion

兵庫医科大学 脳神経外科主任教授 吉村 紳一
脳外科にも低侵襲化が進み、最新治療の症例も急増しています。
兵庫医科大学の吉村紳一先生から、「脳血管内の最新情報」です。

■「こちらMDアンダーソンがんセンター” 米国留学奮闘記」

今回はヒューストンでの生活についてご紹介します。
MD Anderson Cancer CenterのCancer部分に赤い取り消し線がついているのは、「がんを撲滅する」という決意の表れを意味しているそうです。

■Dr.井村のクリニカルパールズ

Dr.井村は夏のメモリーを鮮やかに刻むアルバムを作ろうと楽しそう。
そのメモリーはどうなったのか・・もうわかりますね。

民間医局会員になればドクターズマガジンが無料購読!!

民間医局では会員の皆様へドクターズマガジンを毎月無料でお届けしております。
ご興味がある方は、下記よりご登録ください。

※本サービスは医師・医学生専用です。