ドクターズマガジン

ドクターズマガジン2017年4月号

今月の読みどころ

■ドクターの肖像

新井 一
(順天堂大学 学長 )

順天堂大学の偏差値が急上昇しています。それには常識を乗り越えた施策があってこそでした。
大学の学是である「仁」を実践し、私大で学費を最安とすると優秀な受験生が増え、経営状態も大きく改善されました。
さまざまな改革が実を結んだ結果といえます。
一連の改革を引き継いで2016年4月に学長に就任した新井一氏、ラグビーで鍛えた体は頑強ながら、小児の脳外科という繊細な分野で、医師としての経験を積みました。

米国で研究、帰国して臨床に戻り、教育へ、そして経営の道に-。
新井学長の順天堂大学での活躍を「ドクターの肖像」でぜひお読みください。

■Precursor-先駆者

植田 育也
埼玉県立小児医療センター 集中治療科長/部長

新生児の集中治療を行うNICUに対し、生後数週間から15歳までの小児救急を行うのはPICUです。
日本では24H体制で小児の救急救命医療を行える医療機関は限られています。
「長野県立こども」「静岡県立こども」「埼玉県立小児医療センター」と日本で三つ目のPICUを立ち上げたのは、植田育也先生です。

日本で新生児の死亡率の低さは定評があるものの、1~14歳の小児の死亡率は先進国で米国に次いで2位という不本意な事実もあります。
植田氏は小児集中治療の先駆者として今日もPICUで闘っています。子供の話をする時、とても目が優しくなる植田先生でした。

■Doctor's Opinion

高野病院 院長 中山 祐次郎
唯一の常勤医であった81歳の高野英男院長が2016年末に火事で死去。
その後の1か月院長不在期間を経て、2017年2月から3月末までの期間限定で院長を務めている中山先生。
多数のメディアに取り上げられました。4月からは新院長に引き継げるそうです。テーマは「36歳で院長になり感じたこと」です。

■目からウロコ

松村医院 院長 松村 真司
松村先生は、東京都世田谷区の地元に根付く、開業から48年の松村医院2代目院長です。
研究熱心で著書も多く、身長189㎝の松村先生は目立つ存在のプライマリ・ケア医です。
生まれ育った世田谷で診療する中、私的な交流から患者とのふれあい、患者と主治医の関係を変えていく、目からウロコが落ちたエピソードです。

目次

ドクターの肖像

順天堂大学 学長 新井 一
「臨床・研究・教育」に
「優れた運営力」を備え
「最高の医療」を追い求める指導者

Doctor's Opinion

高野病院 院長 中山 祐次郎

Dr.井村のクリニカルパールズ

後期研修医「角立ミキ」と初期研修医の「丸尾ハジメ」の共通点が新たに発覚しました。
よく氷をガリガリと食べる女性には要注意です!

臨床研修指定病院紹介

青梅市総合病院
社会福祉法人 函館厚生院 函館五稜郭病院

医局紹介

愛知医科大学病院 究明救急科
島根大学 医学部 産婦人科

医療過誤判例集

薬剤副作用による死亡と投与中の検査義務

民間医局会員になればドクターズマガジンが無料購読!!

民間医局では会員の皆様へドクターズマガジンを毎月無料でお届けしております。
ご興味がある方は、下記よりご登録ください。

※本サービスは医師・医学生専用です。