ドクターズマガジン2020年5月号

今月の読みどころ

■ドクターの肖像

細川 亙
(独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)大阪みなと中央病院 院長/美容医療センター長)

源氏の名門・細川家の血筋を引き、明智光秀が先祖である細川氏。
先天性奇形などに対する手術法を開発した形成外科医です。入れ墨除去の手術で世界初の「純表皮移植」に成功し、その研究が評価され、米国形成外科学会名誉会員になりました。

■Doctor's Opinion

IMSグループ 医療法人社団 明芳会 板橋中央総合病院 院長/総合診療科 主任部長 加藤 良太朗
日本版ホスピタリストとは、患者の声を聞き、効率的で安心できる医療を提供する医師。
ホスピタリストが増えれば、経営も安定し、現在7割の病院が赤字である現状を打破できるといいます。

■仲野徹センセイの座右の銘は銘々に

大阪大学大学院 生命機能研究科 教授 仲野 徹
何で勉強するんだろう?子供の頃、そう思った人も少なくないと思います。
今回の座右の銘からは、その疑問にしっくりとくる答えを頂けました。

■Challenger ─挑戦者─

広域医療法人EMS 理事長 松岡救急クリニック 院長 松岡 良典
全国ではじめて“救急”の特例診療所の認可を得て、「救急クリニック」を開設した松岡氏は、9つの専門資格を持ち、麻酔、手術、集中治療を施せるスーパー救急医です。

■Dr.徳田のクリニカルパールズ

みちのくプロレスならぬ、「みとのくプロレス」(茨城で開催する症例検討会)を開催してしまうほど、プロレス好きの徳田先生。
プロレスが好きな理由は、技を真正面から受け止めるカッコよさ!

■Forte ─日本列島病院探訪─

高知県立あき総合病院
65歳超の人口が39%に達する地域、高知県安芸市の病院です。
高知大との教育交流も盛んなので、「地域・高度医療を両方学びたい」、「未来の超高齢化社会を実感したい」と考える医師が集まります。

目次

ドクターの肖像

独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO) 大阪みなと中央病院 院長/美容医療センター長
細川 亙

源氏の名門・細川家の遺伝子を継ぐ
世界的な形成外科リーダー

Doctor's Opinion

“日本版ホスピタリストがつくる未来に選ばれる病院”

仲野徹センセイの座右の銘は銘々に

専門のことであろうが、専門外のことであろうが、
要するにものごとを自分の頭で考え、
自分の言葉で自分の意見を表明できるようになるため。
たったそれだけのことです。そのために勉強するのです。

Challenger ─挑戦者─

広域医療法人EMS 理事長
松岡救急クリニック 院長 松岡 良典

Dr.徳田のクリニカルパールズ

入院中の睡眠障害の原因は?

Forte ─日本列島病院探訪─

高知県立あき総合病院

臨床研修指定病院紹介

大垣市民病院
山形市立病院済生館

専門医研修紹介

医療法人社団 翠会 成増厚生病院
愛媛県立中央病院

医療過誤判例集

医療従事者による褥瘡の発生防止および治療についての義務違反が認められた事例

医局紹介

埼玉医科大学総合医療センター 泌尿器科
北里大学 医学部 小児科学

Medical Topics/Student's Voice

バックナンバーのご案内

民間医局会員になればドクターズマガジンが無料購読!!

民間医局では会員の皆様へドクターズマガジンを毎月無料でお届けしております。
ご興味がある方は、下記よりご登録ください。

民間医局にご登録済みの方
無料購読の申込みをする

民間医局にご登録されていない方
民間医局会員登録(無料)はこちら

※本サービスは医師・医学生専用です。

ドクターズマガジン2020年5月号をお求めの方へ

ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。
ドクターズマガジンのバックナンバーは1冊500円です。