ドクターズマガジン2018年11月号

今月の読みどころ

■ドクターの肖像

石部 基実
(石部基実クリニック 院長)

人工股関節手術で、日本一の症例数を誇る先生です。
評判は全国に広がり、海外からも患者が集まるので旅行会社がツアー化して支援するほどの人気ぶり。
特に取り柄もなかった少年時代、勉強を始めたきっかけは家計が苦しく、大企業に入らなければと思ったからです。
独自の勉強法を編み出し、高3には学年1位の成績に。
「戦艦ヤマト」の影響で宇宙工学にも興味を持ちながら、最終的に医学部を選択し、整形外科の道を突き進みます。

■Precursor -プレカーサ-

恵寿ローレルクリニック 院長 吉岡哲也
今後、産婦人科医の減少が最も多いと予測される石川県の能登エリアで、家庭医と産婦人科医の協力体制を構築し、分娩も行う家庭医です。
患者に妊娠や出産に関わる女性特有の病気がある場合、婦人科でないと診られないという状況に疑問を持ち、老若男女問わず相談にのれる家庭医を増やすことに尽力しています。

■Forte―院長に聞く―

 豊見城中央病院 新崎 修
平成32年、那覇空港に近いエリアへの新築移転を機に高度医療設備の導入、各科のセンター化、救急受入れの積極化などを進めています。
県内で初めて「救急車にモバイル型伝送心電図システム」を導入し、搬送中から重症患者の状態を把握できるようにしました。
救急の現場はもちろん、手術、診療の際も各科の垣根は低く、協力体制が強固なことも当院の強みです。

■「目からウロコ」

松山ベテル病院 院長 中橋 恒
呼吸器外科医として肺がん手術を行ってきた筆者が、ホスピス医に転向し初めて気づいたのは、自分がこれまで見ていたのは“患者”ではなく“病気“であったこと。
終末期のがん患者と日々、向き合うことで知った、人と接することの本質・意味とは。

■Dr.井村のクリニカルパールズ

3日前から頭痛があり、38度の発熱に襲われた78才女性。本人は畑仕事をしたせいだと思っているが…真相は?
丸尾君が熱心に海外情報誌を読みはじめました。まさか、茶良先生に続き丸尾君まで武者修行へ?

目次

ドクターの肖像

石部基実クリニック 院長 石部 基実
努力と救済のリアリズムをつらぬいて
「歩ける!」喜びを日本一授けてきた男

目からウロコ

出会いが人を変える緩和ケアの魅力

Doctor's Opinion

前立腺がんの治療動向

Precursor ─先駆者─

恵寿ローレルクリニック 院長 吉岡 哲也

Dr.井村のクリニカルパールズ

頭痛で発熱する疾患は?

Forte ─院長に聞く─

社会医療法人友愛会 豊見城中央病院
新崎 修

臨床研修指定病院紹介

独立行政法人国立病院機構 関門医療センター
地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立足柄上病院

専門医研修紹介

いわき市立総合磐城共立病院
医療法人徳洲会 福岡徳洲会病院

医療過誤判例集

退院の際の説明義務違反

医局紹介

滋賀医科大学 整形外科学講座
三重大学大学院医学系研究科 肝胆膵・移植外科

Close Up

民間医局が「婦人科検診プロジェクト」をスタート

Medical Topics/Student's Voice

バックナンバーのご案内

民間医局会員になればドクターズマガジンが無料購読!!

民間医局では会員の皆様へドクターズマガジンを毎月無料でお届けしております。
ご興味がある方は、下記よりご登録ください。

民間医局にご登録済みの方
無料購読の申込みをする

民間医局にご登録されていない方
民間医局会員登録(無料)はこちら

※本サービスは医師・医学生専用です。

ドクターズマガジン2018年11月号をお求めの方へ

ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。
ドクターズマガジンのバックナンバーは1冊500円です。